無料ブログはココログ

2020年11月19日 (木)

幸運

今日、我が家の庭先で、偶然にもカマキリの産卵している姿を観ました。

こういうチャンスに恵られたこ事、観たこと、驚きを隠せない私たち、だれもがスマホを片手にパチリ、パチリ、この卵はこのままにしていて良いものか?なぜこのような体験にあやかったのか。不思議、不思議。早速、調べて見るとカマキリはギリシャ語で預言者という意味があり、神様からの使いとしてメッセージを運ぶ存在。

「良い未来をもたらす拝み虫」との事らしい。その場で未来の幸せな姿を拝む私でありました。

カマキリさん、ありがとうHorizon_0001_burst20201105141515158_cove

2020年11月 3日 (火)

ご馳走様

今日、友人が久々に遊びに来てくれた。

1時間ほどのドライブは、忙しい彼女にとって癒しの時間をくれただろうか!待つ身の私は、「あれも、これも話が一杯」その前に、何の料理でおもてなししようか?

そんな私の心配は御無用とばかりに、料理上手な彼女は両手に一杯のご持参である。二人で作った手料理は、どこのレストランにも負けない愛情一杯のランチであった。4時間ほどの長~い時間は、あっという間に青春時代へタイムスリップ”

幸せな一日でした。

Photo_20201103153601

2020年10月 6日 (火)

ミルク人形

   我が家の人形ケースから、こんな可愛らしいミルク人形が出てきました。現在では、様々なリアクションを加えたミルク人形が目に入るが、従来はご覧の通り、飾ったり抱いて遊ぶ程度の人形です。たぶん、これはレトロの古いキューピー人形ではと、思っている私です。昔、母がミルク人形と言ってたんですけど・・・・・・・

Mirukuninngyou

 

2020年9月15日 (火)

知ってる!

Dsc_0206

押し入れからこんな雑貨が出てきました。

何かな?

昔は、これに、衣類なり入れなおしていたものです。その名は、”こおり”

つまり、現代で言えばスチールケースに値する。  ”捨てようか”

迷いに迷っている私。思い出にも、思い切って別れが必要とわかっているか、再利用の出来る日が来るまで、また、押し入れの片隅を間借りすることにした。

2020年9月 1日 (火)

たまてばこ

8  Horizon_0001_burst20200825105057162_cove

こんな小さな箱に、愛情一杯の食品がどっさりと送られてきた。

年に数回、手作りの野菜やお米、そして、自分たちが、旅先で手に入れた珍しい土産など、それはそれは頭が下がる。今回は夏野菜がいっぱい。そして、お友達とでも飲むであろうと、冷酒のオンパレード。甘いいろんなお菓子も、私の好物と知っている。どの品を手にしても、ひとつひとつ綺麗に梱包してある。優しい愛情が伝わってくる。今回も夫婦二人して箱詰めに頭を悩ませながら、送ってくれたことでしょう。有難い事です。

  早速、主人にもお供えさせていただきました。

2020年8月11日 (火)

母の味

時おり、お昼に母がお好み焼きを焼いてくれていた。味噌汁もさることながら、具だくさんのお好み焼きであった。二人兄弟の私たちは1枚焼きあがると、仲良く半分ずつと言いたいが、わが先と言わんばかりに口に入れるのも競争であった。しかし、兄は最後の一口になると、いつも妹の私へ譲ってくれる。優しい兄であった。今日はそんな昔の光景を思い出しながら、

 1枚のお好み焼きをを焼いてみた。 Dsc_0179

2020年7月14日 (火)

ありがとう

我が家の庭に、赤いカサブランカの花が咲いた。

ここ数日、九州の豪雨は大変なものだ。あちこちで川の氾濫が起き、あっという間に、人のたくさんの命が奪われた。

もちろん。家も車も流され、ライフラインも壊れ、今回 水の怖さをテレビを通じて改めて痛感した。自然災害は人間の力では、どうすることも出来ない。

残念である。

こんな中、雨の合間に太陽に向かって、凛として咲いている赤い花にちょっぴり元気を貰った。

Dsc_0174 

2020年6月23日 (火)

ひとことの勇気

先日、スーパーへ買い物に行きました。

帰り際のこと、どこかのホームに入所されているであろうと思われる方が、スタッフの方と買い物に来られてました。駐車場で車椅子を乗せる準備。荷物。利用者さんのお世話。大変だなと思い、ひと言スタッフの方に「お手伝いしましょうかと」声を掛けてあげたい。介護を必要とする人の大変さは、母を看てた私には充分わかっているはず。しかし、おせっかいかな? 迷惑かな?自分の荷物を積んで走り寄った時には、スタッフの方が一人でされたであろう車のドアを閉め、発車寸前であった。ひと言の掛けられない自分が情けなく、帰りのハンドルが重たくもあった。

こんな私にダスキンのマガジンのお便りが目に止まった。こんな子供のように、思うがままに自分の気持ちを発し、行動に移せたら。学ぶべき行動に私は、拍手を送りたい

Dsc_0168 

 

 

2020年6月 9日 (火)

虫刺され

30分ほどのつつじ剪定をやったのは良いが終わったら、私の腕は見事こんなになりました。

「痒い、痒いの連発」こんな虫刺され始めてのこと。昨年から作っているどくだみの花の焼酎をつけ、痒みは止まったものの、この後はどうなるのか。病院に行くことも考えたが、昨年、病院から虫刺されに頂いた、薬をつけること4日~5日、徐々に引いてきました。まあ、観てください

たくましい私の腕が、虫の標的になった姿。今でもトラウマ状態。今回は治ったもののやはり専門医に診ていただくのが一番でしょうねDsc_0157 

2020年5月26日 (火)

それなりの!

コロナウイルスの感染予防に、私もマスク作りに挑戦してみた。

3年ふりのミシン掛けに頭も布に追いついていくのが精一杯のようである。

それなりのマスクの完成に、我ながら自己満足。縫い目が打線してしていようが「やりとげた」というのも喜びの感情の方が、おおきいのである

当たり前の日常生活が出来ない令和2年、私の人生において、忘れることが出来ない年である。いえいえ、私だけでなく世界中の皆さんがそうであろう。

Dsc_0132_20200526153001 

«春

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30